保険相談Q&A

県民共済と普通の生命保険の違いとは?【どっちがいいの?】

県民共済について

県民共済を考えているのですが生命保険との違いってどこにあるのでしょうか?

30代 女性

お答えします!

ご質問ありがとうございます。

県民共済をはじめ『共済』と名のつくものは基本的にそれぞれが所属する組合員の為の自助的な福利厚生の一部になります。

例えば県民共済ならそれぞれが住んでいるトコロの都道府県が運営されていますし、JA共済であれば農協組合、COOP共済であれば生協の会員のためのサービスになるのです。

なので例えばCOOP共済に加入したければ「生協会員」、JA共済に加入するには農協の会員になるための出資金を支払わなくてはいけないのです。(*ちなみに出資金は1口単から参加でき100円~3000円程度と負担は比較的軽いです。)

共済に加入するためにはそれぞれの組合員になる必要がありますが、それでも共済人気が高いのは

安い掛け金で大きな保障を
得ることが出来る

・・と言う所にあるのですね。

先ほども言ったように共済はもともとが組合員同士の助け合いの精神で出来ているトコロなので一般的な民間の生命保険よりは掛け金はかなり安く設定されていますし、保障内容もごくシンプルなものが多いです。

余った掛け金を年度末に分配する「割戻制度」もあるので毎月の負担額としてはかなり魅力的になると思います。

ただ共済の保障額は生命保険に比べると圧倒的に安いものが多く、県民共済の例を取れば死亡保障で500万円、災害の場合(一般的には交通事故死など)にのみ1000万円のなど一般的な生命保険に比べると保障額がかなり少なくなります。

共済を選ぶのか生命保険を選ぶのかはそれぞれの考え方にもよりますが、月々の掛け金を少しでも抑えたい場合には共済、万一のために保障はしっかり持っておきたいと言う場合には保険・・と言うようにそれぞれのライフプランに基づいて考えることが大切ですね。

サイト管理人「生保クイーン」より
保険の見直しなら無料相談がおすすめ
  1. 保険について基礎から教えてくれる
  2. 何度も通ってじっくり決めたい人にピッタリ
  3. 勧誘なし