保険相談Q&A

生命保険は「貯蓄型」「掛け捨て型」どっちがいいの?【賢い選び方】

[貯蓄型]と[掛け捨て型]どっちがいい?

生命保険は「貯蓄型」と「掛け捨て」どっちを選べばいいのかわかりません。仕組みはなんとなく理解しているのですが、じゃあどっちがいいのかというと本当にわからないのです。どうやって決めたらいいんですか?

30代 女性

中身の差が大きいと思います。

貯蓄型と掛け捨て型・・どちらを選べばいいのかはそれぞれのご家庭での考え方、ライフプランなどによっても大きく変わってくると思います。

掛け捨ての魅力って?

一般的に定期保険を代表とする掛け捨て型の保険は

「安い保険料で大きな保障」

を付けることが出来るので、万が一の時のこされた家族のためにと選択される方が多いのですが、やはり掛け捨ての一番のメリットは保険料の安さです。

10年定期、20年定期と言うようにあらかじめ決められた期間の間だけの保障になるので「子どもが大学を卒業するまで」とか「年金がもらえるようになるまで」と言うように大きな保障が必要な期間を定めて利用する分には非常にメリットの大きな保険になると思うのですね。

一方、貯蓄型は?

逆に養老保険や終身保険を代表とした「貯蓄型」の保険は定期型に比べると同じ保険料で掛けた時の保障額としてはかなり少ないものになってしまいます。

ですがその分満期になった時には「満期返戻金」や「解約金」としてまとまったお金を受けることが出来るので

老後のための貯蓄をする・・
と言う意味合いで利用される方が多いです。

ただ気を付けなければならないのが保険料で、貯蓄型の保険の場合掛け捨てに比べると毎月の保険料がかなり高くなってしまうので注意してください。

保険料を将来のための貯金として考えることが出来るのであれば、全ての生命保険を貯蓄型の保険に設定すると言うのが良いのかもしれませんが・・

そのあたりはやはりそれぞれ

『保険の支払いにどこまで予算が掛けられるのか』

によって変わってくると思いますね。

サイト管理人「生保クイーン」より
保険の見直しなら無料相談がおすすめ
  1. 保険について基礎から教えてくれる
  2. 何度も通ってじっくり決めたい人にピッタリ
  3. 勧誘なし