生命保険見直しガイド!無料相談比較ランキング【2ch口コミ嘘?】

保険見直しの種類とコツは?

無料相談で医療保険を見直すポイントとは?

056

保険無料相談で医療保険に絞って相談をする際には、以下のポイントに着目することをおすすめします。

<入院する時の必要日数>

医療保険は無期限に給付金が支給される保険ではありません。必ず支給する限度日数が設けられています。普通は30日区切りで、60、90、120といった選択が可能になっています。

当然ですが、支給日が長くなればなるほど、保険金の価格も跳ね上がってしまいます。

あまり知られていませんが、実は120日以上の給付を可能にしている保険もあります。

こうした細かな部分に関する相談にも、保険無料相談はうってつけです。そして給付に対する掛け率の跳ね上がり方も各社によって異なるので、いくらくらいかかるのかという費用を知る意味でも保険の見直し相談は役に立ちます。

<払込期間について>

医療保険に限らず、保険には払込期間というのがよく設定されています。

保険無料相談では、この払込期間について相談している人が非常に多いです。

実際この払込期間についてはかなり分かりにくい部分になるのですが、要は支払い続ける期間が短いほど、月々の負担が大きくなる。逆に終身のように一生支払っていくタイプの場合は、月々の負担がグッと軽くなるものの、総支払い額がとんでもない金額になっていく。というイメージでよいと思います。

どちらが良いのかは、その人の収入・経済状況によって異なってきます。そういった判断を仰ぐためにも、無料相談が活きてくるのです。

<給付金の支払い時期について>

医療保険では給付金が支払われるタイミングもかなり重要になってきます。そして各社によって給付金支給のタイミングは、微妙に異なっているという特徴があります。

こうした各社の給付金支払い状況の確認や、そして何よりもその手術や入院に対して給付金が確実に支給されるか等の確認も、保険の無料相談では外せないポイントになってきます。

当然のように「今回の手術では給付はできかねます」といった返事をされる事が多いので、契約前にリスト化するぐらいが理想的だと言われています。

ちなみにFPに相談をした場合は、リストを作成してくれる事もありますが、保険相談専門員の場合は、なかなか難しいケースもあります。(模範的なリストならもらえる)

その他、給付金の支給額設定も相談しておいた方が良いと思います。

給付金の額そのもので保険の金額が変わるのは周知の事実。しかし必要額を満たしていない場合は、せっかくの保険が台無しになってしまう事も少なくありません。

他にも保険の適用期間などもよく相談しておいた方が良い基本項目の一つ。基本が何よりも大切なのです。

やじるし
公式ボタン

 

 

無料相談で生命保険を見直すポイントとは?

026

生命保険も基本的には医療保険の相談ポイントと、あまり大きな違いはありません。なので医療保険のページを参考にしながら、併せて生命保険の相談ポイントもチェックしてみてください。

生命保険で絶対に外せないポイント。それは“解約返戻金”という存在になります。※ちなみに読み方は返戻金(へんれいきん)です。

今現在、生命保険に加入している方。加入中の方の場合は、まだ当分先の話・・・と考えてしまいがちなのですが、解約返戻金は立派な資産の一つと考えられているほど、決して軽視できない部分になっています。

その名称通り、途中で解約した場合に返し戻されるお金でもありますので、「いつでも現金化できる資産」として、車のローンや住宅ローンの担保として利用できる場合があります。

それ程までに人によっては大きなウエイトを占めていますので、生命保険の話をされる際には、必ずこの部分を踏まえた上で、アドバイスを受けていくのが妥当な考え方だと思います。

この解約返戻金には返戻率というのが設定されています。

当然、契約期間が長ければ長くなるほど、この返戻率が高くなっており、30年目~40年目の間ぐらいで丁度100%を越える計算になっています。

今まで積み立てていた分が一気に戻ってくる事になりますので、丁度100%の返戻金になったとしても、その金額にはかなりの重みが備わっています。

スペース上、返戻金を完璧に説明するには限界があるのですが、こうした部分をより詳しく説明してくれるのが保険無料相談の醍醐味でもあります。

ちなみにいつも特殊な計算が必要になると、すぐに有料に切り替わる事の多いFPですら、この返戻金に関しては即座に数字を出してくれる事が多いほど、保険業界では常識の範囲内だと考えられています。

是非、興味があれば、一度自分が加入している生命保険の返戻金を精査してみるなどしてみてください。

また、保険金の受取人に関する部分も、保険の無料相談が行える部分の一つ。

もし自分が死亡した際、誰が受け取り人になるのか。奥さんがいる。お子さんがいる。この場合は比較的簡単に設定する事ができますが、離婚をしていた場合。お子さんに先立たれてしまった場合。こういった時には保険内容の見直しが必要になってきます。

今現在契約している人は、こういった部分も無料相談に応じてもらえると考えておきましょう。誰に設定すれば良いのか。客観的な意見を求めている場合には、FPがより力になってくれる事は間違いありません。

やじるし
公式ボタン

 

 

無料相談で住宅ローンを見直すポイントとは?

00001

保険の無料相談では、住宅ローンに関する相談も受け付けている会社がたくさんあります。

保険と住宅ローンは関係ないのでは?そう考えている人も少なくありませんが、資産運用、支出のバランスという意味で、両者は切っても切れない関係にあると考えられています。

要するに住宅ローンの見直しと保険の加入については一括したサービスにしやすいので、各社がその手の商品を数多く用意しているということですね。

中には生命保険の返戻金を一部担保にして住宅ローンを組んでいる方もいますので、この場合はそのまま返戻金が何処まであてにできるのか。ここを相談しても良いかと思います。

さて、住宅ローン見直しを相談する場合には、基本的に金利が主な項目となってきます。

ここからはあまり保険の内容とは関係なくなってきますが、相談先が同じになる事も多いので、是非ご依頼時には一緒にすることをおすすめします。

住宅ローンの金利は様々なタイプが用意されており、大別してしまうと固定と変動の二種類が存在しています。勿論、変動固定金利などもありますので、一概には言えない部分もあります。

住宅ローンの相談をする際には、どういった金利システムが存在し、実際にどういった恩恵を得られやすいのか。具体的な数字を出してもらいながら見直しと借り換えを検討していく事が何よりの重要ポイントとなってきます。

言ってしまえば住宅ローン見直しのリスクは金利しか無いようなものですからね。ここを重点的に捉えていく事が何よりも大切なのです。

当サイトで紹介している会社の中ではあなたのFPが住宅ローンの無料相談を受け付けている会社になります。他にも相談可能な会社はたくさんありますが、その中でも特にハイレベルな相談を可能にしているのがあなたのFPという会社でもあるのです。

見直しを相談することによって得られる部分が非常に大きいと思いますので、金利だけではなく、家を建築、購入する際にはどういった諸問題が発生するのか。新築だけではなく、リフォームの相談なども、気軽に依頼してみてください。

勿論、無料相談なのでベーシックな範囲内であれば、お金を取られる事は一切ありません。そして個人情報を軽く扱われてしまう事も、絶対にありません。

また、家が欲しいけど、今は収入的に厳しい。今は買えそうだけど、将来的に支払いが厳しい時がくるかもしれない。

こういった将来を見越した不安に対しても、ある程度の答えを持っているのがFPという存在でもあります。これは保険の無料相談だけでは、絶対に得られない情報の部分でもありますね。ここが相談できるのも、住宅ローンならではの部分だと言えるでしょう。

やじるし
公式ボタン

 

 

保険の見直し無料相談失敗した人の原因とは?

保険の無料相談でよくある失敗。

保険無料相談で一度くらい別に失敗をしても取り返せる部分がたくさんあるにはあるのですが、絶対に失敗なんてしたくない。そういった方の参考になれば幸いです。

<失敗談1 目的が決まっていない>

相談をしたものの、自分に本当に必要な保険が分からなかった。相談を受けながら、なぜ相談依頼をしてしまったのか。少し後悔をした。

明確な目的を持たないままに、無料だからと言って保険相談を利用してしまうと、無駄な時間に終わってしまうケースが非常に多いです。

別に100%確実な目標があって行動する必要はありませんが、予めどういった保険に興味があるのか。どういった保険の契約を検討しているのか。ここを明らかにしておくだけで、保険相談の中身は大きく変化してきます。

これは派遣される保険員にその保険に詳しいプロを抜擢する会社が多いため。この前提を踏まえた上で、保険相談を検討していきましょう。

<失敗談2 催促してしまう>

どの保険が良いですか?どの保険がベストですか?どの保険を契約した方がいいですかね?

質問をした事によって、結果的に契約させられてしまった。他の保険が気になっていたけど、質問した事でその話しかできなかった。

本当によくある失敗例の一つです。保険の無料相談でよく勘違いされやすいのが、時間無制限という考え方。派遣される会社の方も、決して遊びで来ている訳ではありません。まだまだ予定が残っているケースが多く、大体時間にして1時間~2時間程度の無料相談が一般的です。そのため、質問がある場合には、事前にある程度用意しておき、相談時に質問ができた場合には、適切な回答を得られやすい質問にする。といった工夫が必要になってきます。

また、どの保険が良いですか?といった質問をしてしまうと、例えFPの人と言えども、明確な答えを求められている。客観的な意見として、おすすめを紹介されたがっている。こうした物の見方をしてしまうようになります。急かされている感覚を覚える派遣員の方もいますね。

<失敗談3 契約してしまった>

ついつい説明が上手で、即決してしまいました。少し後悔しています。

最も多い例の一つが、この行き当たりばったりで契約してしまったという失敗。後悔していなければ、その即決も問題はないのですが、後から「本当に必要なのかな?」と思った時点で、ある意味負けだと思います。話が上手いのは当たり前。説明上手だからこそ、派遣されている。こうした考え方を持っておく事が重要です。契約のリスクを避けたい方は、FPの活用を検討していきましょう。

やじるし
公式ボタン

 

 

保険の勧誘をされるのが嫌だという方は?

032

保険の無料相談には二種類のタイプが存在しています。

1.保険の契約を見越した無料相談

2.保険の契約云々関係なしの無料相談

一見すると2の方が勧誘の心配がなく、利便性が高そうに感じます。

しかし保険の契約を前提に相談をしたいというニーズに対しては、明らかに1の方が話は早く、なおかつより深い相談を受けられる可能性が高くなります。

具体的な支出としていくらになるのか。こうした話をしやすくなりますし、何よりもリアリティのある相談が可能になります。

そのため、どうしても1の場合は保険の勧誘が発生してしまいます。必ずしもその場で契約する必要性は一切ないのですが、どうしても流れの中で義務感が生じてしまうケースがよくあります。

勧誘されるのが嫌だ。勧誘なしに保険の仕組みから勉強していきたい。まずはどういった保険種類があるのかを知りたい。

こういった方には、1ではなく2の方を選択していく必要があります。ただ、一般的に保険の無料相談は1である事が多く、2は保険の相談よりもFP相談を依頼する方が余計な心配をする必要がなくなるかと思います。

FPも保険の無料相談を行っています。

最近は普通の保険会社に相談依頼をした場合にも、FPが派遣される事はありますが、保険の勧誘を前提としているケースが少ないため、FPというワードを見た時点で、ある程度勧誘が無い、もしくは極端に少ないと考えておいて問題ありません。

これはFP資格保有者に義務付けられている、強制的な勧誘を是としないというルールが存在しているため。絶対的なルールではないのですが、FP業界では公的で一般的な見解、提案にそぐわないという理由から、嫌悪されている部分になります。

そのため、悪質な勧誘を絶対に回避したいという方にとって、FPという相談員は絶対に欠かせない存在になるのです。勧誘という概念そのものが無いFPも多いですからね。あくまでも相談員という位置付けで営業を行っています。

このFP無料相談を可能にしている会社の中で、保険の無料相談を行う。

これがベストな選択肢になる可能性が非常に高いので、是非この点は覚えておいてください。

勧誘のある無しを判断する一つの基準としては、その会社の無料相談申し込みページを詳しく見ていくだけでも、すぐに判別しやすいかと思います。

保険の契約を前提としたお客様だけの利用・・・といった既述がされている場合には、FP相談と言えども保険の勧誘があると考えておいた方が無難です。

やじるし
公式ボタン

 

 

保険見直し相談で個人情報は漏洩しない?

008

保険の無料相談で最も心配となる部分が、個人情報の管理です。

つい最近、と言っても少し前になってしまいますが、大手保険会社が顧客情報を流出してしまった事件は大きくニュースにも取り上げられていました。

ただ、この事件の場合は、何かネットワーク上の顧客情報流出があった訳ではなく、会社員による個人的な流出であったという点に留意しておく必要があります。

原則として、システム上のトラブルによって保険業種で個人情報の漏洩がある事は考え難いのが現状です。しかし上記のように人為的なトラブルによって漏洩がある、というのは決して許されるべきことではありません。明らかにこの会社の管理姿勢が問われるべきだと思います。

人為的な個人情報の漏洩が考えられる。だから保険の無料相談はできない。これも一つの考え方だと思います。

しかしこうした考え方に縛られすぎてしまうと、何も利用できなくなってしまうのが昨今の契約事情でもあります。警戒しておく事は大切ですが、警戒しすぎてしまうと身動きが取れなくなってしまう。これは保険以外にも言える事なのではないでしょうか。

保険業界はどうしてもシステム上、案内メールを送るという性質を備えています。これは横の繋がりを活かす事で、保険を知ってもらう機会を知ろうとするため。個人的にはこうしたシステムが不要だと感じてはいますが、会社の経営上仕方がない部分である事は間違いありません。

こうした保険システムを利用していない会社はないものか?このような疑問に回答している一つの業種があります。それがFPという存在です。

既に当サイトでも何度か登場しているFPという存在。

ファイナンシャルプランナーは個人情報を漏洩する事が、別の意味で“死”(信用を失い、職を失う可能性がある)に直結しているため、かなり厳重に依頼主の情報を管理しているという特徴があります。

そしてこのFPも保険の無料相談を行っています。

つまり、個人情報漏洩のリスクを最も軽減すべき手法として、FPの利用が最も安全で最善の可能性を秘めているのです。

勿論、FPも人間が行っている仕事の一つですので、100%の安心感を得られる訳ではありません。しかし何でもかんでもシステムとして割り切っている一般的な保険サービスとは異なり、依頼主と信頼関係を築く事から始めていくスタイルを一貫しているFPだからこそ、リスクを容認できる部分が多分に存在しています。

その信頼できるFPを自分なりにどう見つけていくのかも、一つのポイントではありますが、単純に情報漏洩の可能性という意味で、FPでの利用に決めたという動機があっても、まったくおかしい事だとは思えません。

やじるし
公式ボタン

 

 

 

2018年のおすすめはほけんの窓口!

窓口

【来店型保険ショップ店舗数No.1】
全国に600以上の店舗を展開するほけんの窓口はあなたにピッタリの保険を専門家が無料でアドバイスしてくれます。来店型保険ショップでは店舗数No.1だから最寄のお店もすぐに見つかり気軽にほけんの相談や見直しをすることができます。

  1. 何度でも相談無料
  2. 約35社の保険商品から納得の保険選びが可能
  3. 無理な契約・勧誘は一切なし
  4. 相談・申込み・加入後まで全力サポート
と全てがそろっているので保険選びがはじめてという方も、現在の保険に満足できて無い方も安心して相談することができます。

やじるし
公式ボタン
  shikiri
HOME > 保険見直しのコツ > 保険見直しの種類とコツは?