住宅ローンを申請する際に必要な諸費用とは?

住居を購入する際に住宅ローンを利用する人は多いですが、あまり知られていないことがあります。
それが、住宅ローン申請時に必要となる諸費用の存在です。
実は結構な金額が掛かる場合があり、住宅の購入はローンで支払うからと思って油断していると、気付かないうちに出費がかさんでいる場合があります。
申請時に掛かる費用としては以下のものがあります。
金融機関と金銭消費者貸借契約書を締結する際に納入する必要がある印紙代、融資を受ける金融機関に支払う事務手続きに要する費用、ローンを返済不能となった時の連帯保証人の代わりを、保険会社に依頼しておくための住宅ローン保証料等です。
3つ目は連帯保証人を立てれば不要ですが、最近では利用する人も増えています。
また、これ以外にもフラット35の制度を利用する際には、建設する住宅の耐震性や技術的な規格が、利用基準に適合しているかどうかを調査する為の費用等が掛かります。
これらの金額は意外と馬鹿にできない金額となるので、あらかじめ注意して備えておく必要があります。
専業主婦の住宅ローン審査基準は?職業と収入は!【専業では通らない?】