そういえば、ニキビは潰したらダメなんでしたっけ?

そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。
実は、ニキビには潰して良いものと潰してはダメなニキビとがあります。
潰しても良いニキビの状態というのは、ニキビの炎症が落ち着いて、中の膿が白く盛り上がった状態のニキビです。
そのような状態になったニキビは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具を使うのであれば、潰してしまっても良いでしょう。
10代の時期、チョコやスナック菓子をたくさん食べると翌日にはニキビが現れていました。
食事がこのように関係するんだ、と思ったものです。
以後、年齢を経て食べ物にも気を遣うようになり、あまり食べないようにしています。
その効果かニキビもすっかり発生しなくなりました。
ニキビが繰り返されるときは、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、原因を突き止めた上で最良の治療を必要不可欠になります。
なぜニキビが繰り返されるかというと、ホルモンバランスが崩れたり、食習慣が乱れたり、合わない化粧品が肌に負担をかけているなど、原因としては様々なことが考えられます。
何がニキビの原因になっているのかを見極めて、その原因にあった方法でケアをしましょう。
ニキビにヨーグルトは良いものではないといったことが言われていたり、その逆に良いと言われたりしていますが、こうした情報の真偽は明らかではございません。
特定の食品だけに頼っているのではなく、常に栄養バランスの取れた食事を心がけるようにすれば、ニキビの防止に繋がると考えています。
ニキビも立派な皮膚病です。
ニキビぐらいで皮膚科に通うのも、と少し気が引けてしまいがちですが、皮膚科を受診すると早くよくなりますし、ニキビ跡も目立ちにくいです。
おまけに、自分で薬屋などでニキビ薬を手に入れるよりも安い費用でよくなります。